きし内科クリニック 内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科

きし内科クリニック
市川市、本八幡|呼吸器内科、アレルギー科、内科、小児科

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-26 市川メディカルステーション内
TEL 047-314-2001
無料駐車場 23台あり

インターネット予約はこちら

きし内科クリニック通信

診療受付時間
9:00

12:00
14:30

17:30
水曜・日曜・祝日 休診
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
 

【外部リンク】
病院・医院検索の「病院なび」
きし内科クリニックのホームページ

トップページ»  きし内科クリニック通信»  きし内科クリニック通信»  2019年2月号(第37号)【 効果的なインフルエンザの予防法とは? 】

2019年2月号(第37号)【 効果的なインフルエンザの予防法とは? 】

2019年2月号(第37号)【 効果的なインフルエンザの予防法とは? 】

【 効果的なインフルエンザの予防法とは?】

きし内科クリニック院長の岸 雅人です。きし内科クリニック通信 第37号を発行いたしました。
本号では、「インフルエンザの予防法」のお話を掲載いたします。

「インフルエンザ」が流行しています。
インフルエンザの予防で最も大切なことは、インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスを吸いこまないことです。インフルエンザウイルスは、飛沫感染を起こします。飛沫感染とは、せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することをいいます。通常は1~2メートル以内の至近距離で感染します。
また、たとえインフルエンザウイルスを吸いこんでしまったとしても、インフルエンザウイルスに対する抗体を持っていたり、インフルエンザウイルスに負けない体力があれば、インフルエンザを発症する確率は低くなります。

【インフルエンザの予防法 その① インフルエンザウイルスを吸いこまない】
・マスクの着用(咳をしている人の近くや満員電車ではマスクをするとよいかもしれません)
・うがい・手洗い

【インフルエンザの予防法 その② インフルエンザに感染しにくくする】
・インフルエンザワクチンの接種(インフルエンザに対する抗体をつける)
・十分な休息、早めの睡眠
・バランスの良い食事をとる(ウイルスに負けない体力作りが大切です)

インフルエンザの主な症状は、38度以上の急な発熱、悪寒、だるさ、関節や腰などの節々の痛み、のどの痛み、咳、鼻水、くしゃみ、頭痛などです。
診断はインフルエンザの迅速診断キットを用いて行います。通常の迅速診断キットでは、発熱してから一晩(12~18時間)を経過してからでないと、インフルエンザを診断することはできませんでしたが、当院では、発熱してから約3時間でインフルエンザを診断できる迅速診断キット(富士ドライケムIMMUNO AG1)も導入しています。

インフルエンザの症状を認めたら、すぐに当院にご相談ください。

2019-01-28 11:04:13

きし内科クリニック通信