きし内科クリニック 内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科

きし内科クリニック
市川市、本八幡|呼吸器内科、アレルギー科、内科、小児科

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-26 市川メディカルステーション内
TEL 047-314-2001
無料駐車場 23台あり

インターネット予約はこちら

きし内科クリニック通信

診療受付時間
9:00

12:00
14:30

17:30
水曜・日曜・祝日 休診
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
 

【外部リンク】
病院・医院検索の「病院なび」
きし内科クリニックのホームページ

トップページ»  きし内科クリニック通信»  きし内科クリニック通信»  2019年12月号(第47号)【 アレルギー検査(血液検査でわかる39項目のアレルギー検査)】

2019年12月号(第47号)【 アレルギー検査(血液検査でわかる39項目のアレルギー検査)】

2019年12月号(第47号)【 アレルギー検査(血液検査でわかる39項目のアレルギー検査)】

【アレルギー検査 (血液検査でわかる39項目のアレルギー検査)】

きし内科クリニック院長の岸 雅人です。きし内科クリニック通信 第471号を発行いたしました。
本号では、「アレルギー検査(血液検査でわかる39項目のアレルギー検査)」のお話を掲載いたします。

【アレルギーとは】
私たちの身体には、外から身体に害を及ぼす異物(細菌・ウイルスなど)が入ってきた時に、その異物を排除しようとする「免疫」とういう機能が備わっています。「免疫」は細菌やウイルスから身体を守ってくれる大切なシステムなのですが、この免疫システムが過剰に働いてしまうことで、通常は身体に害のないもの(ほこり・花粉・食べ物など)に反応してしまう事があます。これをアレルギーといいます。

【アレルギーで起こる病気】
アレルギーは、気管支、鼻粘膜、結膜、口腔粘膜、皮膚など、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を吸入、付着した部位に起こります。アレルギーが起こる部位により、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、口腔アレルギー、アトピー性皮膚炎、じんましんなどの病気を引き起こします。

【血液検査でわかる39項目のアレルギー検査】
症状がアレルギーによるものか確認すること、アレルゲンを特定することが、アレルギー治療では大切になります。4mL程度の採血で、39項目のアレルゲンを調べることができる検査を当院では積極的に行っています。
検査対象となるアレルゲン39項目は以下のとおりです。 

吸入系アレルゲン <吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>
・室内のほこり :ダニ(ヤケヒョウヒダニ)、ハウスダスト(室内埃)
・動物     :猫、犬
・昆虫     :ガ、ゴキブリ
・樹木(花粉) :スギ(春)、ヒノキ(春)、ハンノキ(春)、シラカンバ(春)
・草(花粉)  :カモガヤ(初夏)、オオアワガエリ(初夏)、ブタクサ(秋)、ヨモギ(秋)
・カビ     :アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(皮膚のカビ)
・ゴム     :ラテックス

食餌系アレルゲン <食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>
・卵      :卵白、オボムコイド(加熱した卵)
・牛乳     :ミルク
・小麦、豆、穀物:小麦、ピーナッツ、大豆、蕎麦、ごま、米
・甲殻類    :エビ、カニ
・果物     :キウイ、りんご、バナナ
・魚、肉類   :マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

【39項目アレルギー検査の対象患者、対象年齢、費用】
保険診療の規定のため、今までに何らかのアレルギー症状を認めたことがある方に限り、この検査を保険診療で行うことが出来ます。対象年齢は3歳以上の血液検査を行える方(採血しやすい血管があり、じっとしていられる方)となります。3歳未満の小児でアレルギー検査をご希望の場合は、必要なアレルギー項目(通常3項目程度)のみの検査になります。検査代は保険適用で、自己負担3割の方で5,500円程度となります。お子様は、市川市子ども医療費助成受給券を用いることが出来ます。

血液検査でわかる39項目のアレルギー検査ついてご不明な点がございましたら、お気軽に当院にご相談ください。

2019-12-02 09:57:38

きし内科クリニック通信